「いろは」とは?

ドローンで撮影した画像より、農地・生育状況の詳細を見える化

全ての画像を農業従事者の皆様にとって「価値ある情報資産」に変え

効果的に保存・管理・解析・共有できるクラウドサービスです。

いろはの主な特徴

feature_pic1

みえる・蓄積

農家の目の代わりになります。情報を場所ごとにクラウドに保存。いつでもどこでも簡単に閲覧できます。

feature_pic2

共有・早い

大容量の画像もアップロード後すぐに処理されます。Web上での表示も快適です。データを関係者でリアルタイムに共有できます。

feature_pic3

簡単・安価

どなたでも簡単に操作できます。クラウドサービス利用料のみで安価に利用できます。お手持ちのドローンを使用することもできます。

いろはの主な機能

圃場内の位置を特定し 画像を地図表示

圃場内の位置を特定し
画像を地図表示

画像をアップロードするだけで、自動的に圃場内の位置を認識し、圃場地図上に全ての画像を配置。圃場のどこで何が起こっているか、簡単に分かります。

カラー診断

可視光のセンシングにより、作物の色味を解析。圃場内部まで含めて生育ムラを数値化します。圃場を歩くことなく、作物の状態を把握できます。

異常個所の抽出

異常個所の抽出

雑草、害虫、病気など圃場の異常をピンポイントで抽出し、コメントをつけてデータを記録できます。画像とコメントを関係者で共有し、蓄積することで、技能の教育、未来への伝承、日々のコミュニケーションが進化します。

最新の農地マップ
(オルソ画像オプション)

広大な圃場も一枚の画像に。撮影された複数枚の画像を結合し地形の歪みを補正したオルソ画像(圃場の一枚画像)を自動で生成、いつでも最新の農地マップを提供します。

圃場単位の時系列比較

撮影された画像を圃場単位で時系列で管理します。作物の状態の変化を日々簡単に確認でき、振り返りにも役立ちます。

お知らせ通知

画像解析アナリストやAIによる画像診断、ユーザー等によりコメント記録がされた場合、関係者に通知がされます。通知をクリックするだけで、画像とコメントを確認できるため、情報共有がとても簡単になります。

グループ・ユーザー作成

担当者ごとの圃場管理、経営者と従業員の情報共有、農家とJA・自治体・試験場による営農指導など、ID発行数に合わせて様々なグループ・ユーザーを作り、最適な情報共有と蓄積体制を作ることができます。

農薬散布ドローンとの
連携による適所散布

雑草の場所をピンポイントに抽出。農薬散布ドローンとの連携により、雑草が検出された箇所のみに農薬散布を実施することで、農薬費用の削減に繋がる適所散布を実現します。
注:準備中です。

いろはの撮影解析事例

水稲圃場における撮影事例

除草剤の部分散布により農薬コストを削減!

撮影時期6月上旬
対象作物水稲
撮影面積80a
画像解像度0.1cm/px
撮影高度5.0m
飛行速度2.3m/sec
撮影時間約20分
撮影機体DJI Inspire2
カメラ付属カメラ
(ZENMUSE X5S)

馬鈴薯圃場における撮影事例

圃場の見回り作業をドローンで補完、見回り効率upとデータの記録に。

撮影時期6月上旬
対象作物馬鈴薯
撮影面積80a
画像解像度0.1cm/px
撮影高度5.0m
飛行速度2.3m/sec
撮影時間約20分
撮影機体DJI Inspire2
カメラ付属カメラ
(ZENMUSE X5S)

キャベツ畑による撮影事例

ドローン画像から生育不良株を抽出!

撮影時期6月上旬
対象作物キャベツ
撮影面積60a
画像解像度0.3cm/px
撮影高度11.0m
飛行速度2.0m/sec
撮影時間約5分30秒
撮影機体DJI Inspire2
カメラ付属カメラ
(ZENMUSE X5S)

圃場高低差マップ

農地の地形把握、均平作業前後の高低差比較に役立つ高低差マップを提供します。

※ 地形の高低差を色分けして表示しています。色が青から赤になるにつれて高度が高くなっています。これにより一目で農地内の高低差を確認できます。

雑草判別マップ

雑草の早期発見、早期の除草作業に役立つ雑草マップを提供します。

※ 雑草箇所を抽出し、赤色で表示をしています。一目で稲と雑草の違いを確認できます。

生育診断マップ

生育ムラを可視化し、追肥・水管理作業に役立つ生育診断マップを提供します。

※ 30aの農地を10m×10mのメッシュに分割し、全ての場所を水稲用葉色カラースケール(1-7の評価)に合わせて評価しています。

収量予測マップ

個数・大きさなど作物の特性に応じて、収量予測に役立つ情報を提供します。

※ 当社のAIがキャベツを大きさに分けて自動で抽出し、農地にあるキャベツの個数を自動で算出しています。

収穫適期予測マップ

穂水分、黄化度合いなど作物の特性に応じて、適期収穫に役立つ情報を提供します。

※ 近赤外線センサで取得したデータと数式を使って穂水分を推定し、穂水分マップを作成しています。

様々なドローンで簡単操作

MAVIC2ENTERPRISEDUAL

mavicシリーズ

phantom4rtk_01

Phantomシリーズ

dummy_img_11

Matriceシリーズ

お手持ちのドローン(Mavicシリーズ、Phantomシリーズ、Matriceシリーズ、Inspireシリーズ等)をお使いいただけます。

こんな人におすすめ・対象ユーザー

こんな問題を解決します

生産者

  • 農地が広くて、見回りができない
  • 農地が点在していて、見回りに時間がかかる
  • 従業員によって、判断にバラツキがある
  • 圃場の異常を、早期に発見したい
  • 最適な収穫時期を、判断したい
  • JA・集荷業者・卸業者等に対して、最新の生育情報を提供したい
  • ドローンを持っているが、有効活用できていない

JA

  • 営農指導員が減って、圃場に行く頻度が減っている
  • 営農指導員の指導レベルにバラツキがある
  • 地域の生産状況を一元管理したい
  • 生産者・圃場ごとの収穫時期を最適化したい

研究機関・普及センター・試験場

  • リモートセンシング・ドローン・AIなどの技術に関心がある
  • ドローンを持っているが、画像処理技術がない
  • 研究員の知見にバラツキがある
  • 生産者の生の圃場状況を研究に生かしたい
  • 生産者の生産性向上に役立つ研究がしたい

流通事業者・集荷事業者・
農薬資材販売会社

  • 契約生産者が全国にあり、栽培状況の確認に労力を要する
  • 契約生産者の生産状況を一元管理したい
  • 契約生産者ごとの収量と収量時期をリモートで推定したい
  • 契約生産者の最新の生育状況に応じた最適な農薬資材の提案をしたい

保険会社

  • 作付面積の計測に労力を要しており、もっと効率化したい
  • 面積実測を行うための、スキルと体力のある人員の確保が難しい
  • 被災時の保険算定業務を効率化・迅速化したい
  • 検見評価や実測評価を行うためのスキルがある人員が不足している

地方自治体

  • 就農人口が減っていて、地域全体でスマート農業を推進したい
  • 最先端技術の導入による地域農業振興やブランディングを進めたい
  • 地域全体で、技術・経験・知見の伝承に取り組みたい

価格表

  • お申し込み時に、上記プランの内、1つを選択頂きます。
  • ご契約/お支払いは年間一括、銀行振込払いとなります。
  • 入金確認後、1アカウント(IDとパスワード)を発行します。
  • アカウント発行日より1年間、いろはの機能をお使い頂けます。
  • 契約期間は1年間となります。月中申し込みの場合、当月を含め12ヶ月の利用になります。
  • 年間定額プランのお客様は、解析オプションとしてオルソモザイクやDSMの生成、画像処理・AI解析技術を用いた雑草解析や葉物野菜の生育診断、収量計算などが利用可能です。(処理上限あり。対象作物等は別途お問合せください。)
  • 従量課金プランのお客様も、解析オプションを追加購入頂くことで高度な解析をご利用いただくことが可能です。

 

兵庫県姫路市青山西4丁目4-1079-290-5691営業時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

お問合せはこちらから お気軽にお問合せください。
MENU