空撮点検サービス

ドローン空撮点検サービス

ドローン空撮点検サービスとは

これまで高所作業車や屋上から撮影していた卒業式・結婚式などの集合写真や、建築物の点検・定点観測などを、ドローン空撮ならではのアングルで撮影をすることにより、通常のカメラアングルとは全く別次元の迫力と感動の映像でお届けすることが可能です。また、ヘリコプターやセスナを用いた空撮にくらべ、低高度(※1)への降下が可能となります。そのため、まるで自らが空を飛んでいるかのようにダイナミックに被写体を捉える事ができます。

弊社では、国土交通大臣の許可を得たドローンオペレーターがフライトを行いますので、日本全国はもちろん、たとえ飛行禁止区域内であってもドローン空撮が可能(※2)です。

ドローン空撮の際は、撮影現場に適用される各種法令に沿ったフライトプランをご提案いたしますのでご安心ください。

ドローン空撮でできること

観光地等のパンフレットやホームページに使用する鳥瞰図
計画中の建築物のパース図作成ベースや、景観・眺望のサンプル撮影
プラント工場、橋梁や太陽光発電所を始めとしたインフラ点検
各種イベントの記録映像の撮影
施設・アトラクション等のPR映像撮影
進捗記録用の定点観測写真、3DCG作成に使用する画像データの撮影

ドローン空撮のメリットは?

Merit One

建物や階段がないところでも、高い目線からの撮影や、人が登ることのできない高さから撮影することができます。そのため、高いところでの作業をする必要が無いので、安全安心に撮影を進めることができます。

Merit Two

様々な角度から撮影することができます。そのため、結婚式の集合写真、学校の卒業式の人文字などを撮影する際に、短い時間で撮影アングルを変更し、バラエティー豊かな写真撮影をすることができます。

Merit Three

空飛ぶカメラとしてのドローンの特性をフルに活かし、自由なアングルと被写体に対して自由な位置取りによる撮影が可能です。地上カメラの代替としての撮影や、水上で行われるスポーツも競技に影響を及ぼすことなく撮影することができます。

撮影実績例

弊社オペレーター撮影の空撮写真を掲載しております。
無断転載・使用はご遠慮ください。

【空撮素材】

基本的に静止画の形式はJPEGやTIFF等、動画の形式はMP4またはMOVとなります。
画像サイズや解像度、ビデオサイズやフレームレート、出力方式を変更も可能ですので、お見積もり時にご相談くださいませ。動画のデフォルト設定は1080P(1920×1080)/60fpsとさせていただいております。
データ納品の方法としましては、以下からお選びいただけます。

  • 現場お渡し:記録用メディア(USBメモリーやポータブルHDDなど)をご用意いただければ、その場で撮影データのお渡しも可能です。この場合、写真データにつきましては仮データのお渡しとなります。
  • オンライン納品:大容量データ伝送サービスを用いて撮影データをお送りいたします。この場合、撮影データ総容量が3GB以上の場合は利用できません。
  • DVD等のメディア納品:DVD等の記録メディアにデータを保存しお渡しします。なお、メディア納品の場合は、ディスク1枚につき別途1,000円を頂戴しております。
タイトルとURLをコピーしました