無料体験のお申込み

全自動農薬散布と生育管理を最先端のテクノロジーで実現葉色解析×農薬散布ドローン

農業従事者の方こんなお悩みありませんか?人手が足りず、人材育成に悩んでいる作物の病気と害虫対策に疲弊している収入が不安定で常に不安を抱えている

2020年12月1日 旭テクノロジーはこうした悩みを持つ全ての方へ最高の解決策をご提供する準備が整いましたコンピューターに詳しくない方でも簡単!あらゆる課題に対して徹底的にサポートします。

その他 当社で課題解決が可能なお悩み一覧
  • ・農業継承者候補が素人しかおらず、継承できる気がしていない
  • ・現状では農薬散布量が多すぎて経費と手間がかかりすぎている
  • ・生育が難しい作物を育てられず、付加価値による単価を上げられない
  • ・生育状況の判断が勘と目視のため、収穫時期の見極めの負担が大きい
  • ・ドローンの操縦技術をつけることが費用と時間の背景から困難

旭テクノロジーからのメッセージ

これらは、ほとんどの農業従事者が持っている不足要素です。それは新しいテクノロジーや情報提供者と出会うきっかけがないから。こちらをご覧のあなたは、すでにその機会を得ることができています。あなたに必要なのは、決断だけ。資金確保(助成金・補助金)、導入方法などすべて私たちにお任せください。

お問い合わせはこちら

この要素を求めるこの要素を求める

お金のこと

【人件費の削減】
人員確保が難しいし、
人件費も削減できたら良い

これまで農薬散布に関わっていた労力を大幅に低減させることから、人件費の削減につなげることができます。お一人農業の方も、捻出した時間で生産性の高いお仕事に時間を転換していただくことにより、実質的な人件費の削減につながるといえるでしょう。
【農薬費用の低減】
最低限の農薬散布量にして、
経費削減を目指したい

農薬費用も、きちんと防除効果が得られるならどれだけでも減らしたいもの。
この最新テクノロジーは農薬散布量を最低限にしながら効果を最大化させる技術です。
【費用対効果最大化】
資金をかけるなら、
無駄なく活かせるものだけにしたい

新しいサービス導入には、初期投資が必要となります。
しかし、当社としては農家様にやみくもに資金を投下してほしくありません。
お客様全員に1円も無駄にさせないことを目的として、事前のヒアリングを原則として全員の方にさせて頂きます。導入が妥当でない方には無理におすすめしない方針をとっておりますので、ぜひご相談からお待ちしております。
【助成金・補助金情報】
資金獲得のための最新情報を含め、
提供いたします

資金投下は、最もシビアな問題であることを当社としても理解しています。
1円も無駄なお金を使っていただかないようなヒアリングを行うだけでなく資金を得られるための助成金や補助金の最新情報も含めて、専門性の高い当社のスタッフが全力で資金獲得のサポートも致します。
農家様に絶対に損をさせたくない。こんな想いを感じて頂けるよう、当社のスタッフは覚悟をもって取り組んで参ります。

効率のこと

【疲労の軽減】
農作業の体力的な負担を減らしたい

農作業で体力的な負担を感じない方はほとんどいないと言われています。
これからは、体力勝負ではなく、年齢関係なく誰もが効率的な農作業を行える時代です。
【時間の軽減】
最も効率的に農作業を行いたい

農作業は、当然ながら毎日が時間との勝負にもなりますね。
自分や家族、スタッフの方の時間は有限です。もし人の作業時間を軽減できたら新しく取り組めることがたくさんあることを想像してみて下さい。
作業に追われるのではなく自分で毎日の時間をコントロールできるようになることは、非常に大きな価値であることを感じられるはずです。
【最先端技術導入】
AIを活用するなど、
最先端技術を無駄なく活用したい

AI(人工知能)の活用は、導入者側の負担を最低限にするためのもの。
つまり、コンピューターに詳しくない方でも、当社のレクチャーを受けて頂き誰もがAIを使いこなすことができるようになるのです。
また、常に開発される最新技術を、当社から常にご案内も可能ですので、最先端技術を、これからもずっと活用頂けるチャンスを獲得していただけます。
【ドローンの自動操縦】
ドローン操縦は、
完全自動を望んでいる

基本的な操縦技術は学んでいただきますが、原則として毎日の農薬散布や生育確認はドローンの完全な自動操縦のみで行うことができます。操縦もつきっきりだと集中力や体力を消耗するもの。それが全自動化されることが、本製品の大きなメリットなのです!

その他

【事業継承】
農業を他人に継承し、
その利権で収入を得たい

農業をほかの人に任せて利権収入を得たい。そんなことを可能にするサービスです。
なぜなら、人の勘によらず、すべてデータとして読み取ることができるから。
つまり、農業について素人の方に対しての事業継承がこれまでの比にならないほど容易になるのです。その準備(サービスの導入)ができておけば、事業主様に万が一のことがあっても、ご家族が利権を得ることができるシステムが構築できます。
これまでがんばってきたご自身とご家族のためにも、セミリタイアという選択肢を持っておきませんか?
【事故の防止】
農薬散布時の
あらゆる事故を防ぎたい

毎日手動で操縦をしていると、墜落等により高価なドローンや農薬、作物、場合によっては他の方の資産まで損失し、大きな金銭的・時間的損害を被る可能性が日々高まります。
事故の可能性を限りなく下げることができる全自動機能のメリットを、ぜひ体験下さい!
【作付面積増加】
労力を減らしながら作付け面積を
増やして収入UPしたい

現在の作付面積では、収支がギリギリ。もう少し効率的な運用によって利益を出したい。
こんなお声に最も対応しやすい本サービスは、作付面積が気にならないシステムなのです。
例え農薬散布面積が現在の倍になっても、全自動ドローンなら待機時間が増えるだけ。
人手による農薬散布や、ドローンの操縦が伴う農薬散布とは比較にならないほど作付面積の増加を容易にしてくれます。
【精密農業の実現】
最先端技術の活用による、
農業最適化を実現いたい

いろはの導入により、効率的なデータ採集と分析、実践によって適切な作物の栽培を行うことができるようになります。これを精密農業と言いますが、具体的には作物の現在の状態を全体的に把握し、農薬散布量を判断し、全自動操縦のドローンを動かすなどの管理方法の後に、いろはによって示された適切なタイミングで収穫を行うこと。作付面積の費用対効果最大化に欠かせない農業の在り方です。

注意

こんな方に対してはおすすめいたしません
  • すでに最大限の農業効率化を実現している方
  • 手作業で農薬散布を簡単に行える作付け面積の方
  • 現在の課題は販売ルートを探すことだけしかない方

該当するものがなければ、
当社システムの導入で価値を感じて頂けるはずです!

全自動農薬散布と生育管理を最先端のテクノロジーで実現するためには何が必要?

EA2020いろは

EA2020が注目されている理由

上

1

従来の農薬散布用ドローンと異なる点
全自動操縦に対して懸念されていた毎回の基地局の設置が不要!

※初回のみ小さな測量器で設定を行います

イメージ

上

上

1

予備があれば飛躍的に効率が上がる!
5秒で付け替え可能な農薬用タンク
今だけ!EA2020を導入の方に予備タンクを1つプレゼント中!

イメージ

上

上

3

EA2020が可能な高度技術との連携
ドローンと最新テクノロジーの融合
ドローンが ‘判断力・知能’ を獲得!?

イメージ

上

人工知能の秘密は最新テクノロジーの‘いろは’にあり!

生育状況が人工知能で一目瞭然

イメージ

※キャベツのサイズと個数をAIが計算しているシーン

‘いろは’の特徴は?

「いろは」は主に葉のある作物の生育状況を一目で確認できてしまう技術。

生育が遅れている箇所を確認できるため、従来とは比べ物にならないほど、害虫の発見まで効率化することができます。

圃場の状態を時系列順に比較ができるため、来期の防除立案も可能になります。

イメージ

農薬散布ドローンとの
連携による適所散布

雑草の場所をピンポイントに抽出。農薬散布ドローンとの連携により、雑草が検出された箇所のみに農薬散布を実施することで、農薬費用の削減に繋がる適所散布を実現します。

EA2020といろはの連携は細かな植物と雑草の管理に強い!

どこまで使い込むかはあなた次第!

機能はシンプルに使えますが、追求するならどこまでも
便利な機能があなたの農作業の課題を解決し続けます!

いろはについて更に詳しく知りたい方はコチラ

わたしたちがどこまでもサポートします

矢印

ドローンや最新テクノロジーを扱うことは
想像以上に簡単。
全自動のための設定等の伝授は
私たちにお任せください。

資金確保のための助成金・補助金の情報
常に最新情報にて提供しサポートします!

導入相談お問い合わせ資料請求はこちら

記事に関するご意見・ご質問、
ドローン事業部についての質問等
お気軽にお問い合わせください。

  • 入力
  • 確認
  • 完了

以下の項目を入力し [ 入力内容を確認する ] ボタンをクリックしてください。
必須の項目は必ずご入力ください。

ご入力ありがとうございます。
大変申し訳ございませんが、入力内容に不備がございます。

内容をご確認いただき、入力後もう一度送信してください。

会社名

例)株式会社旭テクノロジー

必須お名前

例)旭 太郎

必須メールアドレス

例)info@atcl.co.jp

必須メールアドレス(確認用)

TEL

例)079-290-5691

- -

ご用件

必須お問い合わせ内容

※WEB面談をご希望の場合は、ご希望のツールをお知らせ下さい

土・日・祝日は本社休業日のため
ご返信をすることができません。
 ご返信に遅れが出てしまうことをご了承お願い致します。

導入までの手順

流れ 流れ

EA2020のスペックはこちら

飛行パラメータ

総重量(バッテリー除く) 16.9kg
標準離陸重量 38.6kg
最大離陸重量 39.4kg
運用限界高度(海抜ゼロ地点) 2000m
推奨動作環境 0℃~45℃
シャーシパラメータ

ホイールベース 1700mm
アームの長さ 506mm
寸法(プロペラを除く) Ø1820*510(mm)
寸法(折りたたみ時) 920*650*510(mm)
駆動パラメータ

モーターKV値 110r/(min・V)
モーター重量 1300g
最大電流 120A
プロペラ 34.7*279.4mm(折りたたみ可能)
作動温度 0℃~80℃
最高回転数 5000RPM
マッピングデバイスのパラメータ

寸法 278*55*55(mm)
重さ 500g
信号 GPS
充電時間 2-3時間
待機時間 6-8時間
動作温度 -10℃~60℃
スプレーパラメータ

農薬タンク容量 定格:15L フル:15.8L
スプレータイプ アトマイザー
ノズル数量 2
粒の大きさ 40μm~160μm
流量 400~2200(ml/min)
スプレーレンジ 2~5(m)
自動操縦装置(地上局)パラメータ

寸法 182*85.8*21.20(mm)
保護レベル IP68
通信周波数 2.4ghz
待機時間 6~8時間
伝送距離(障害物や電波干渉が無い場合) 600m
バッテリー容量 8000mAh

よくある質問

お問い合わせはこちら