ニュース
ドローン事業部

お仕事

2018.11.20

【※重要】Matrice200シリーズとTB50、TB55バッテリーを利用の方へ

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
【※重要】Matrice200シリーズとTB50、TB55バッテリーを利用の方へ

 

現在DJIより「TB50」及び「TB55」バッテリーを使用しているドローンについて、注意喚起&要アップデートのアナウンスが発表されています。

 

TB50、及びTB55バッテリーは、主にDJIの最新産業用ドローンである「Matrice200(マトリス200)シリーズ」で使用されるバッテリーで、「TB50」バッテリーに関しては「Inspire2(インスパイヤ2)」でも使用可能となっています。

 

もし、これらのバッテリーを使用している場合には、2018年11月16日以降に更新された最新のファームウェアに、なるべく早いタイミングでアップデートを行うようにしてください、とのことです。

 

最新のファームウェアにアップデートすることで、「TB50」「TB55」バッテリー問題への安全性と信頼性を向上させることが可能となります。

 

 

TB50及びTB55バッテリーを使用した際の問題

 

今回の問題は、TB50及びTB55バッテリーを使用してドローンの飛行を行った際、「電力レベルが誤表示される」という事象が発生するというものです。

 

DJIの発表によると、少数の報告ではありますが、電力レベルの表示が誤って表示されたため、ドローンの飛行中に電力が失われるという報告があったとしています。

 

この問題は、TB50、TB55バッテリーの電力管理システムに原因があるとしており、DJIでは、原因調査と解決策を究明中です。

 

 

現在、DJIより最新のファームウェアが公開中

 

DJIでは、このバッテリー問題を受け、11月16日に最新のファームウェアを公開しました。

 

本ファームウェアのバージョンより、問題があったバッテリー管理システムを強化し、飛行中の電力供給を最適化するシステムへと修正しています。

 

主なアップデート内容は以下となっています。

 

・離陸前のバッテリー温度の検出

 

温度の低いバッテリーでは、通常よりも低い電圧になり、充電状態(SOC)の値も低くなるとしています。

そのため、バッテリー温度が15度以上になることを推奨しており、新しいファームウェアからは、この温度状況を検出するようになりました。

 

※こちらも時間があれば参考にしてみてください。

取り扱いに要注意!リポバッテリーの特徴と危険性、保管方法について

 

 

・離陸前の充電状態の検出

 

今回新しくなったファームウェアより、実際のバッテリー電圧からSOC値を自動計算し、バッテリー本体からの充電状態(SOC)と相互で値を比較することになります。

 

これにより、読み取った充電状態(SOC)に大きさ差異がある場合には、ドローンを離陸することができなくなります。

 

 

・リターントゥホーム(RTH)または着陸

 

前述のバッテリー電圧から充電状態(SOC)値と実レベルの値に5%以上の差異がある場合、バッテリー残量が30%時には、リターントゥホーム(RTH)が発動されます。

また、残量が10%時には自動着陸が発動されます。

 

このように、今回のファームウェアのアップデートにより、飛行前、飛行中のバッテリー管理を、実際のバッテリー状況と電圧を元にした自動計算によるダブルチェックによって、より強固なシステムへと修正しています。

 

 

既存ユーザーは、早めにアップデートを

 

現在、DJIでは、安全性を大幅に向上させた最新のファームウェアへのアップデートを早急に行うように求めています。

 

このアップデートは、TB55、TB50バッテリーを使用するMatrice200シリーズやInspire2のユーザーのものですが、安全性向上のため、すべてのドローンユーザーが対象です。

 

ファームウェアのアップデートは、ある程度時間を要する必要があるため、フライト前の早い段階でアップデートを行うことが推奨されます。

 

なお、ファームウェアのアップデート方法につきましては、以下の記事、もしくはDJIのサポート動画を参考にしてください。

 

・「【①アプリ】DJIドローンの機体・送信機のファームウェアをアップグレードする方法

・「【②DJI Assistant2】DJIドローンの機体・送信機のファームウェアをアップグレードする方法

 

 

 

 

飛行前、飛行中はバッテリー確認を

 

DJIより最新のファームウェアのアップデートが公開されましたが、普段のドローンの飛行においても、バッテリーの電圧に関しては常に確認するクセを付けておきたいところです。

 

また、飛行前にはバッテリーの温度を上げておく、離陸後は地上付近でホバリングをさせ、ドローンの状態を確認するなど、普段の飛行における姿勢も大切になってきます。

 

ドローンで使用されるバッテリーは、小型ながら高いエネルギーを出力できる反面、取り扱いが難しいというデメリットも存在します。

 

ドローンユーザーとして安全な飛行ができるよう、ぜひ、日頃のバッテリー管理も心がけるようにしてくださいね。

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

 

※参照

DJI「TB50およびTB55バッテリーを使用した飛行の注意喚起

DJI「TB50およびTB55バッテリーのファームウェアアップデートを公開

 

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事

記事一覧へ戻る

未来の社会を支える
エンジニア集団として

ATCLの事業は、専門的な技術力を活かし、
これからの社会に対して貢献していきます。
現代社会のエネルギーの供給を支えるだけでなく、
再生可能エネルギーやドローンといった
新時代のインフラを機能させる技術を早期に実用化しています。
明るい未来社会をテクノロジーで支える
エンジニア集団であること
が、
私たちの使命です。

会社概要を見る