ニュース
ドローン事業部

お役立ち情報

2019.05.21

「mp4」と「mov」はどちらを選ぶ?覚えておきたい動画形式の基本

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
「mp4」と「mov」はどちらを選ぶ?覚えておきたい動画形式の基本

 

ドローンで空撮を行う際に大切なカメラ設定

動画を撮影する際には、動画ならではの設定にも気を配る必要があります。

 

クライアントにいきなり、

 

「この映像はmovファイルで提出お願いしますね」

 

なんて言われても、焦らないようにしておきたいもの。

 

ということで今回は、ドローン操縦者が事前に知っておきたい動画形式の基本について、ご紹介したいと思います。

 

 

動画形式とは?

 

動画形式とは、撮影した動画を保存するための形式のことで、「動画フォーマット」「コンテナ」などとも言われます。

 

要するに撮影した動画素材を入れておくための”箱”のようなもので、この箱自体に様々な種類が存在しています。

 

そのため、もし、動画を表示するためのプレイヤーが、その箱の種類(=動画形式)に対応していない場合、表示することができません

 

このような事態が起こらないためにも、ドローン操縦者は予め「撮影する動画の形式は何であるか」を事前に知っておく必要があるのです。

 

 

動画コーデックとの違いは?

 

ここで、似たような単語に「動画コーデック」というものがあります。

「H.264」「MPEG」など、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

「動画形式と動画コーデックは何が違うの?」

と思うかもしれませんが、「動画形式」は、上記の通り、動画を入れるただの”箱”です。

 

「動画コーデック」は、その箱に入っている動画データを”圧縮”する規格です。

 

動画形式は結局のところ、種類が変わったところで、画質やデータ量などに違いはありませんが、その反対に動画コーデックが違うと、圧縮の方法が異なり、最終データの画質やデータ量が変わってくることになります。

 

※動画コーデックの違いについてはこちらも参考にしてください。

H.264とH.265とは?知っておきたい動画コーデックの違い

 

 

動画形式の種類

 

では、動画データを入れておくための”箱”にはどのような種類があるのでしょうか。

以下が、一般的な動画形式の種類になります。

 

・MP4ファイル形式「.mp4」「.m4a」

 

現在最も一般的に使用される動画ファイルの形式です。

次に紹介するMOVファイルより派生し、業界標準の形式として開発されました。

映像データはもちろん、音声や字幕、3Dデータなど、何でも格納可能なのが特徴です。

基本的にはほとんどの動画プレイヤーに対応していますので、何で保存したらよいのか分からない時は、MP4ファイルを選んでおけば安全です。

・MOVファイル形式「.mov 」「.qt」

 

Appleの標準動画形式です。そのため、Apple製品やMacとの相性が抜群です。

動画再生ソフトQuicktime標準の動画形式のため、MacOS上で動画データを編集する場合は、MOVファイルがおすすめです。

MOVファイルは、Windowsとの相性がよくないため、「Windows PCで見れない」などのトラブルに巻き込まれる人もいるので、注意してください。

・WMVファイル形式「.wmv」

 

Windows標準の動画形式です。

Windowsを使ったPC環境中心に動画を利用する場合は、WMVファイルが使われることもあります。

・WebMファイル形式「.webm」

 

Googleが開発した動画形式です。

ロイヤリティフリーで使用でき、Web上での動作を目的としているため、軽量で品質のよさを目指しています。

Youtube上の動画は、アップロードすると、元の動画形式が何であろうと、自動でこのWebMファイルへと変換されています。

 

 

「MP4」か「MOV」どちらを選ぶ?

 

この動画ファイル形式において、ドローンの設定では現在「MP4」か「MOV」のどちらかを選択することが可能です。(※Sparkより下位ランクは「MP4」のみ)

 

通常の設定では、「mp4」になっており、特段理由がない場合は、変更する必要はありません。

 

ただし、動画データを撮影後に、Macメインで編集を行う、またはクライアントからの指定がある場合は、「mov」に設定の上、撮影を行うようにしましょう。

 

もし、movのファイル形式で撮影し、後でmp4にしたい、となった場合でも、最悪ファイル変換ソフトなどを使って、変換することもできますので、問題ありません。

 

ぜひ普段お使いのPC環境に応じて、動画ファイル形式を選ぶようにしてください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ドローン操縦者も覚えておきたい基本的な動画ファイル形式について、ご紹介してきました。

 

普段何気なく設定していることも、時と場合によっては、急遽変更が必要になることもあります。

 

いきなりのことで慌てないよう、普段から設定内容については、ある程度理解するようにしてみてくださいね。

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ドローンスクールジャパン兵庫姫路校/岡山北校/島根松江校では本格的なドローンの講習を実施中!

現場で活躍するプロが、趣味や事業などあなたの目的に合わせて丁寧にレクチャーいたします。

ドローンが無料で体験できる体験会も随時開催中ですので、ぜひ一度ご参加ください!

 

▶︎無料体験会はこちら

 

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事

記事一覧へ戻る

未来の社会を支える
エンジニア集団として

ATCLの事業は、専門的な技術力を活かし、
これからの社会に対して貢献していきます。
現代社会のエネルギーの供給を支えるだけでなく、
再生可能エネルギーやドローンといった
新時代のインフラを機能させる技術を早期に実用化しています。
明るい未来社会をテクノロジーで支える
エンジニア集団であること
が、
私たちの使命です。

会社概要を見る