ニュース
ドローン事業部

お役立ち情報

2018.07.30

ドローンを飛行機で持ち運ぶには?機内持ち込みの注意点など

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
ドローンを飛行機で持ち運ぶには?機内持ち込みの注意点など

 

ドローンで仕事や旅行をしていると、「飛行機で持ち運びをしたい」という場面が出てきますよね。

飛行機でドローンを持ち運ぶ際には、色々とルールがあり、下手をすると没収というケースもあるので注意が必要です。

 

そこで今回は、いざ搭乗当日に困ったことにならないためにも、ドローンの機内持ち込みの方法についてご紹介しましょう。

 

ドローンを飛行機で持ち運ぶ時の注意点は「バッテリー」

 

飛行機で荷物は運ぶ際には、機内持ち込み手荷物、預け手荷物のどちらにしても、航空法国際民間航空機関(ICAO)の取り決めにより、国際的な基本ルールが定められています。

 

そして、この基本ルールに引っかかる可能性があるのが、ドローンの「バッテリー」です。

 

ドローンで使用されるバッテリーは、そのほとんどが「リポバッテリー(リチウムイオンポリマーバッテリー)」であり、このリポバッテリーは、国土交通省の定める「危険物」に該当しています。

 

■国土交通省

「機内持込・お預け手荷物における危険物について」

「機内持込み・お預け手荷物における危険物の代表例」

 

そのため、ドローン本体だけなら機内、預け手荷物どちらでも問題ありませんが、バッテリーも合わせて運搬する際には、規定されたルールに則って持ち運びをする必要があります。

 

リポバッテリーの飛行機での預け方

 

国土交通省が提示しているガイドラインでは、リポバッテリーの飛行機での預け方について、以下のようなルールが決められています。

 

  機内持ち込み 預け手荷物 個数制限
ワット時定格量100Wh以下のもの ✖︎ なし

ワット時定格量100Whを超え160Wh以下のもの

✖︎  1人2個まで
ワット時定格量160Whを超えるもの  ✖︎  ✖︎

 

つまり、普段お使いのドローンのバッテリー容量に応じて、持ち込み方法が変わるということになります。

バッテリーの預け方に関しては、いずれにしても預け手荷物では預けることができず、ドローンを持ち運ぶ際には、以下のようなパターンに分かれることになります。

 

パターン1)ドローン本体とバッテリー合わせて持ち運びたい → 機内持ち込み

パターン2)ドローン本体とバッテリーは分けてもよい → ドローン本体は預け手荷物、バッテリーは機内持ち込み

パターン3)バッテリーだけ持ち運びたい → 機内持ち込み

 

いずれにしても、バッテリーは機内持ち込みになる、ということを覚えておいてもらえればと思います。

 

ドローンのバッテリー容量は?

 

上記のように、バッテリー容量によって持ち運び方が規定されているのですが、では、実際にドローンに搭載されているリポバッテリーは、一体どのぐらいの容量なのでしょうか?

 

規定されているバッテリー容量の「Wh」とは『ワット時定格量』と言い、電子量の単位のことを言います。

 

このワット時定格量(Wh)は、以下の計算式に当てはめることで、各ドローンのバッテリー容量を算出することが可能です。

 

■ワット時定格量(Wh)計算式

 ワット時定格量(Wh) = バッテリー容量(Ah) × 定格電圧(V)

 

実は、現在普及しているDJIなどの大半のドローンのバッテリーであれば、規定された容量『ワット時定格量100Whを超え160Wh以下のもの』を超えるバッテリーはほとんどありません。

 

以下が、DJIから発売されているドローンのワット時定格量(Wh)の値です。

 

■Spark   1480(mAh) ÷ 1000 × 11.4(V) =16.8(Wh)

■Mavic Air   2375(mAh) ÷ 1000 × 11.55(V) =27.4(Wh)

■Mavic Pro   3830(mAh) ÷ 1000 × 11.4(V) =43.6(Wh)

■Phantom 3   4480(mAh) ÷ 1000 × 15.2(V) = 68.1(Wh)

■Phantom 4 Pro   5870(mAh) ÷ 1000 × 15.2(V) = 89.2(Wh)

■Inspire 2 TB50   4280(mAh) ÷ 1000 × 22.8(V)  = 97.5(Wh)

■Matrice600 TB47S   4500(mAh) ÷ 1000 × 22.2(V)  = 99.9(Wh)

■Inspire 1 TB47   4500(mAh) ÷ 1000 × 22.2(V) = 99.9(Wh)

■Matrice600 TB48S   5700(mAh) ÷ 1000 × 22.8(V)  = 129.9(Wh)

■Inspire 1 TB48   5770(mAh) ÷ 1000 × 22.8(V)  = 131.5(Wh)

■Matrice200 TB55   7660(mAh) ÷ 1000 × 22.8(V)  = 174.6(Wh)

 

これを見る限り、ほとんどのドローンのバッテリーでは、100(Wh)を切っていますので、機内持ち込み数に制限はないことになります。

 

ただし、Matrice600、Inspire1の大容量バッテリー(TB48,TB48S)は1人2個の制限、Matrice200の大容量バッテリー(TB55)は持ち込み不可となっていますので注意が必要になります。

 

飛行機の持ち込み時には、各航空会社に確認も!

 

また、これは国土交通省によるガイドラインですが、各航空会社によっても、若干ルールが異なる場合もあります。

そのため、お出かけの前に、利用する航空会社のホームページや窓口などでも持ち込みの規定内容を確認しておきましょう。

 

全日本空輸(ANA)

日本航空(JAL)

AIRDO

スターフライヤー

バニラ・エア

ピーチ・アビエーション

ジェットスター・ジャパン

スカイマーク 

※スカイマークの場合は、100Wh未満、100Wh~160Whともに機内持ち込みは合計2個までとなっているようです。

 

・国際線の場合

 

海外での旅行や出張などで、国際線を利用する場合のバッテリーの持ち込みに関しても、一般的に国内線に規定されたルールと同様です。

 

しかし、国内線で規定されているルール自体が、各国の航空会社によって異なるため、注意が必要です。

 

海外では、100Wh以上のバッテリーの持ち込みを禁止している航空会社も多いため、国際線に搭乗予定の際は、必ず利用する航空会社の規定をチェックするようにしましょう。

 

 

・・・いかがでしたでしょうか。

基本的なドローンであれば、ほとんどの場合、バッテリーの個数制限を受けずに機内手荷物として持ち運ぶことが可能です。

ただし、航空会社によって若干ルールが異なる場合もありますので、事前に確認を忘れないようにしておきましょう。

また、実際に機内手荷物として持ち込む際には、万が一の場合に備えて、防炎用のバッグなどに入れておくとより安心ですよ。

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事

記事一覧へ戻る

未来の社会を支える
エンジニア集団として

ATCLの事業は、専門的な技術力を活かし、
これからの社会に対して貢献していきます。
現代社会のエネルギーの供給を支えるだけでなく、
再生可能エネルギーやドローンといった
新時代のインフラを機能させる技術を早期に実用化しています。
明るい未来社会をテクノロジーで支える
エンジニア集団であること
が、
私たちの使命です。

会社概要を見る