ニュース
ドローン事業部

製品情報

2019.02.14

【Mavic Air】フライトまでに必要な準備と初期設定方法

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
【Mavic Air】フライトまでに必要な準備と初期設定方法

 

「ドローンを買ったけど、どうやって飛ばすのか分からない!」

そんな声を多数頂きまして、今回、実際のフライトまでの設定方法をご紹介することにしました。

 

まず第一弾はDJIのMavic Air(マビックエアー)です。

4K撮影ができるDJIドローンの中で最もコンパクトとあって、主にレジャー向けなどに人気が高い機体です。

 

それでは早速、このMavic Airが実際にフライト開始するまでを見ていきましょう。

 

 

飛行までに準備するもの

 

Mavic Airを飛行させるために必要なものは以下です。

 

・ドローン本体

・バッテリー

・送信機(プロポ)

・スマホ(もしくはタブレット)※インターネット接続が必要です

 

フライトさせる前に、バッテリーをしっかりと充電して、満タンになっているかを確認するようにしてください。

 

※バッテリーが満タンか確認しよう

 

 

セットアップ

 

 

では早速フライトをするためのセットアップを行っていきましょう。

 

まずはMavic Airの折りたたみ状態からアームとプロペラを広げていきます

アームを広げたら、次にバッテリーを入れればドローン本体は完了です。

 

 

続いて送信機(プロポ)の準備です。

送信機を開くと、中にスティックが格納されていますので取り出し、取り付けます。

 

※送信機の中にスティックが格納されている

 

※取り付け完了

 

その後、送信機の左にスマホと接続するためのコネクタがありますので、それとスマホを接続させ、ホルダーをしっかりとはめ込みます。

 

 

 

これで、ドローンを飛ばすためのセットアップは完了です。

 

 

フライトの最終設定「電源オン」

 

いよいよ最後の設定作業ドローンの「電源オン」です。

 

まずはスマホのアプリ「DJI GO 4」を起動しておきます。

 

次に電源を入れる順番は「送信機(プロポ)」→「ドローン本体」の順で入れるようにしましょう。

(反対に電源を切る時は「ドローン本体」→「「送信機(プロポ)」と逆になります。)

 

電源のオンはボタンを2度押しで押しっぱなしにしてください。

 

 

すると音が鳴り、電源が入ります。

送信機の電源がオンになれば、次はドローン本体です。

 

こちらも、バッテリーに電源ボタンがありますので、同じ要領で電源をオンにしてください。

 

 

送信機、ドローン本体ともに電源がオンになれば、スマホのアプリの表示も切り替わり、飛ばす準備は万端です。

 

※アプリが「飛行開始」と表示される

 

 

実際のフライト

 

アプリ「DJI GO 4」の「飛行開始」をタップすれば、フライト用の管理画面に入りますので、そこから実際にフライトを開始することができるようになります。

 

画面の見方などは解説すると長くなるため、また別の機会に譲りますが、各ステータスに異常がないか等しっかりと確認をするようにしてください。

 

 

また、GPSがキャッチできているかなども重要ですのでお忘れないように。

※室内ではGPSが入らないためビジョンポジショニングモードになります。詳しくは以下の記事も参考にしてみてください

 

ドローンのGPSとは?操縦者が知っておきたいGPSの要注意ポイント

 

実際に飛行を開始する際は、送信機の左右のスティックをハの字にするとプロペラが回り出し、フライトが可能になります。

 

※送信機でハの字にスティックを倒す

 

※プロペラが回転しフライトが可能になる

 

飛行を終了する際には、モード1なら右スティックをプロペラの回転が止まるまで下に倒し、モード2なら左スティックを下に倒すようにしましょう。

 

プロペラの回転が止まったら、バッテリーの電源をオフにすれば完了です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

Mavic Airでの初期設定からフライトまでを紹介してきました。

 

もし今回案内したフライトの設定手順の間に、別の画面が出た場合は、その画面の案内に従って対応すれば問題ないはずです。

 

その他、バージョンアップなどの設定方法などはこちらを参考にしてください。

 

【①アプリ】DJIドローンの機体・送信機のファームウェアをアップグレードする方法

【②DJI Assistant2】DJIドローンの機体・送信機のファームウェアをアップグレードする方法

 

慣れてしまえばそこまで難しくありませんので、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

それでは、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドローンスクールジャパン兵庫姫路校/岡山北校/島根松江校では本格的なドローンの講習を実施中!

現場で活躍するプロが、趣味や事業などあなたの目的に合わせて丁寧にレクチャーいたします。

無料体験会も随時開催中ですので、ぜひ一度ご参加ください!

 

▶︎無料体験会はこちら

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事

記事一覧へ戻る

未来の社会を支える
エンジニア集団として

ATCLの事業は、専門的な技術力を活かし、
これからの社会に対して貢献していきます。
現代社会のエネルギーの供給を支えるだけでなく、
再生可能エネルギーやドローンといった
新時代のインフラを機能させる技術を早期に実用化しています。
明るい未来社会をテクノロジーで支える
エンジニア集団であること
が、
私たちの使命です。

会社概要を見る