ニュース
ドローン事業部

お役立ち情報

2019.10.31

今日から使えるドローン撮影テク~自動追尾編~

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
今日から使えるドローン撮影テク~自動追尾編~

「ドローンを使って美しい空撮映像が撮りたいけど、初心者には無理・・・」と思ってしまうかもしれませんが、最新のドローンを使えば、誰でもテレビで見るような迫力ある空撮映像を撮影することができます。

 

その撮影テクニックの代表格が「自動追尾機能」です。

簡単な設定1つで実践できるので、紹介していきます。

DJIの「Mavic2 pro」を使った自動追尾機能

「自動追尾」とは、ドローンのカメラに写っている特定の被写体をドローンが勝手に追いかけながら撮影していく機能です。

 

例えばある特定の「人」を設定すれば、その人が移動するたびにドローンが勝手に追いかけてくれ、同時にカメラもより動きのある映像を撮影することができます。

 

まずは、「自動追尾」で撮影した動画をご覧ください。

 

この映像、操縦者は全くドローンの操縦をしていません。

被写体を人物に設定さえしておけば、ドローンが勝手に動いてくれて、撮影してくれています。

 

他にも、ちょっと応用すると、このようなこともできます。

 

こちらの映像では、ドローンの操縦を手動、カメラの操縦が自動、というパターンです。

 

この方法を使えばドローンのみは自分の思った方向に飛ばしながら、カメラだけは撮りたい被写体を追いかけることができるようになります。「自動追尾」を設定するだけで撮影できるので簡単です。

 

自動追尾の設定方法

「Mavic2 pro」の設定画面左の「プロポマーク」をタップします。

次に、「アクティブトラック」をタップしてから、被写体にしたい人物などを選択するだけでOKです。とっても簡単ですよね。

DJI製のドローンなら、ほぼ全てに自動追尾機能があり、「ActiveTrack (アクティブトラック)」機能と呼ばれています。

 

アクティブトラック機能を使ったら、こんな映像が撮れる!

こちらは、アクティブトラック機能を使って、車を自動追尾させた映像です。

車のようなスピードでもちゃんと自動追尾していて、スケール感の映像になっていますね。

 

こちらは、ランニングする様子をアクティブトラック機能で撮影した映像です。

ドローンで撮影するだけで、とてもダイナミックな映像になりますね。

ちなみに、こちらの映像では、「ロケット」や「ブーメラン」などの撮影方法も紹介しています。

 

自動追尾機能は簡単に設定できるのですが、障害物などがあった場合に墜落事故の危険性があります。電線や木、建物がないような広い場所を選んで自動追尾機能を使うようにしましょう。

 

自動追尾機能はいかがでしたか?

ドローンの自動追尾機能についてご紹介しました。

簡単に設定できる自動追尾機能を使って、ぜひダイナミックな映像を撮影してみてくださいね!

 

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事

記事一覧へ戻る

未来の社会を支える
エンジニア集団として

ATCLの事業は、専門的な技術力を活かし、
これからの社会に対して貢献していきます。
現代社会のエネルギーの供給を支えるだけでなく、
再生可能エネルギーやドローンといった
新時代のインフラを機能させる技術を早期に実用化しています。
明るい未来社会をテクノロジーで支える
エンジニア集団であること
が、
私たちの使命です。

会社概要を見る