ニュース
ドローン事業部

お仕事

2018.01.22

ドローンのお仕事~農業~

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE
ドローンのお仕事~農業~

 

今回はドローンのお仕事として「農業」のお話をしたいと思います。

現在、農業への従事者は昭和25年をピークに毎年減少を続けており、農業就業人口で見ると、昭和60年の543万人から平成29年には181万人と70%近くまで減少しております。

また、65歳以上の農業従事者は毎年上昇しており、平成29年にはその割合が66.3%を記録。

つまり現在では「農家の3人に2人は65歳以上」との計算にもなり、早急に、次の世代への働き手を確保しなければならないのが現状です。※農林水産省HPより参照

 

しかし、農家さんが今まで培った経験と勘は、後継者にすぐに伝えることが難しく、「技術の伝達」がハードルとなっているのも問題点。

そこで登場したのが、ドローンやスマート農機、IoT技術を駆使した「精密農業」です。

ドローンなどの精密機器類をうまく活用することで、経験や勘に頼ることなく、少ない人数でも効率的に食料増産を行うことが可能になりました。

その中でも特に、
「農薬散布」専用に開発された農業用ドローンなどを使えば・・・

・自分の好きな日に散布ができる

・防除業者に依頼ができなかった中山間部でも散布ができる

・軽トラックに一人で積み込みができ、管理機の整備や積み下ろしの負担から開放される

など様々なメリットを受けることができ、現在、日本全国に急速に広まりつつあります。

 

 

では、次回は、具体的な農薬散布用ドローンの特徴について解説していきます。

  • twitter
  • google+
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • LINE

関連記事

記事一覧へ戻る

未来の社会を支える
エンジニア集団として

ATCLの事業は、専門的な技術力を活かし、
これからの社会に対して貢献していきます。
現代社会のエネルギーの供給を支えるだけでなく、
再生可能エネルギーやドローンといった
新時代のインフラを機能させる技術を早期に実用化しています。
明るい未来社会をテクノロジーで支える
エンジニア集団であること
が、
私たちの使命です。

会社概要を見る